Skip to content

練馬区の家事代行と喘息の方がエアコンを使う場合の注意点

Posted in 暮らし

喘息の方がエアコンを使う場合の注意点

喘息をもっている人にとっては、エアコンを丁寧に使うことが必要です。まず、温度がポイントです。急な温度変化は悪化させます。注意しましょう。また、ホコリにも気を付けることが大切です。練馬区の家事代行を依頼する際には定期的なフィルターの掃除を行いましょう。

エアコンによる温度の変化。

暑いときには涼しく、寒いときには温かくしてくれるのがエアコンです。そのため、部屋に入った時に電源を入れて、すぐに部屋の温度を快適な温度に調整しようとしてしまいます。しかし、急激な温度の変化は喘息にはよくありません。温度の変化が刺激となり、悪化させてしまいます。そのため、ゆっくりとかいてきな温度に調整していくように心掛けましょう。しかし、一緒に住んでいる人がいる場合には、その人の不満になる可能性もあります。そのため機械に頼らずに、快適な温度の中で生活することができるように工夫をしてみましょう。生活のなかでできる工夫を見つけることによって、苦しむことも少なくなります。自分にできるところから始めてみましょう。

エアコンの掃除について。

エアコンを定期的に掃除をしていますか。毎日の掃除の中で忘れがちになっている場合もあります。しかし、この掃除も喘息の悪化を防ぐことに効果があります。
まず、フィルタ-を確認してみましょう。ホコリはありませんか。エアコンがもっているホコリは、吐き出す空気とともに吐き出されます。そのため、自分が掃除をさぼった分、体にとって悪い物を吸っていることになります。自分の体の健康について考えて使うことも、大切です。
したがって、定期的に掃除をすることを心掛けましょう。また使う前にも掃除ができているかどうか確認しましょう。その確認によって症状がひどくなることを防ぐことができます。丁寧に作業しましょう。

「喘息の方がエアコンを使う場合の注意点」のまとめ

喘息の発作は、とても苦しいものです。だからこそ、発作が起こらないように、少しでも症状が軽くなるように毎日の過ごし方に気を付ける必要があります。そのためには、周りの人のサポートも欠かせません。一人で苦しむ必要はありません。一緒に住んでいる人や家族に、協力してもらうことをおすすめします。素直になってみることも大切です。
また、定期的な掃除を忘れないようにしましょう。自分の体を守るためにも、自分が生活している環境を清潔に保っておくことが大切です。無理をしない範囲で心掛けることが大切です。無理をしてしまうと、ストレスになってしまい、体にも影響がでる可能性があります。自分の体を大切にするためにも、無理はしないでください。

目黒区で家事代行を依頼する方法と冷蔵庫を整理してきれいに使うコツ

Posted in 暮らし

冷蔵庫を整理してきれいに使うコツ

冷蔵庫は食材を入れているから、できることなら清潔な状態でいたいですよね。
でも、掃除の仕方をきっちりと教えてもらったことってありますか?
放置したままで、臭いが気になってくる前に、しっかりと冷蔵庫を掃除をしてしまいましょう。

冷蔵庫の中をキレイにする方法

まずは、中にあるものをすべて出して、何もない状態にします。このとき、外に出した食材や調味料は細菌が繁殖するのを抑えるために、保冷剤を入れた発泡スチロールや、保冷パックなどに保管しておいてください。このとき、賞味期限が切れているものがないかをチェックしておくと良いでしょう。

次に、外せる棚や部品をすべて外します。
外した部品は、シンクにお湯をためて、キッチン用の漂白剤を使って浸け置き洗いをしておきます。
外せるものがなくなったら、扉も含めてしっかりと水拭きをしましょう。このときに、水分が残ってしまうと、後で細菌が発生してしまうかもしれないので、キッチンペーパーなどを使って、水気が残らないように拭き取ります。

同じような方法で、野菜室、冷凍庫とキレイにしていきます。

冷蔵庫の中を見やすく整理するコツ

冷蔵庫の中が整理されていないと、必要なものを出したいのに、扉を開けっ放しで探すようになってしまいます。これでは電気代の無駄にもなってしまいますよね。

扉を開けなくても、どこに何があるのかがわかる状態だったら、賞味期限が切れたものもすぐに見つけられることもあるし、冷蔵庫の内をキレイに保つことにもつながりますよね。

中をキレイに整理するために、まず、どこに何を収納するのかを決めておくと良いでしょう。そして、よく使うものは取りやすい場所に置くようにすると、内で探しものをする必要がなくなりそうです。

また、100円均一でも良いので、何かしらのトレーを用意すれば、中に入っているものをジャンルごとにまとめて、よりスッキリ収納することができますよ。

「冷蔵庫を整理してきれいに使うコツ」のまとめ

冷蔵庫は毎日のように使うものですね。毎日開け閉めしているので、汚れのつきやすい家電だと思いませんか。本体に汚れがついていれば、すぐに気づくことも多いと思います。
そんな小さな汚れを気づいたときにすぐ掃除するようにしておけば、「気づいたらスゴイ汚くなっていた」というようなことは避けられるようになるでしょう。

そして扉を開けたときに、中がキレイに収納されていたらすごく気持ちが良いですよね。
口の中に入れる食材や調味料が多く入っている家電ですから、汚れがついていないかこまめに見て、キレイな状態にしておきたいものです。
そんなに難しいことではありません。ちょっとした気遣いですから、普段から使うときに、こまめに汚れがないのか、見てあげましょう。

【参考】目黒区で家事代行を依頼する方法(http://more-familiar.com/area/meguro/)

家事代行を墨田区でお願いする事と冷蔵庫を簡単に綺麗に保つ方法

Posted in 暮らし

冷蔵庫を簡単に綺麗に保つ方法

冷蔵庫には毎日使う調味料や食材などが入っている場所です。毎日使うものが中に入っている分出したり入れたりすることも多いですし、少し横に入れてしまったりなどちょっとしたことで汚れよごれやすい場所でもあります。家事代行を墨田区で依頼するなら「かじまあるライト」がお勧めです。

冷蔵庫の中に入っている食材を一旦全部出す

冷蔵庫には毎日使う調味料などいろいろな食材などが常に入っていますが、中に入っている食材などを入れたままにしながら拭き掃除などをしようとすると、どうしても中に入っているものが邪魔になってしまってやりにくくなってしまうことがあります。そして、邪魔にならないように行うためには食材などを少し移動させながら行う必要がありますが、中を拭いたりする度に食材などを移動させながら行っていると、手間や時間がかかってしまう恐れがあります。そのため、冷蔵庫を簡単に綺麗に保つためには、中に入っている食材などを入れたままにして移動させながら行うよりも、まず一旦中に入っている食材などを全部出して行うことがポイントです。

冷蔵庫の食材などを出す際の注意点

しかし、冷蔵庫に入っている食材などを一旦全部出す際、中に入っているものが多いと一旦全部出すだけでも手間や時間がかかってしまうことがあります。そして、夏場などの暑い時期に中に入っているものを全部出してしまっていると、食材などによっては傷んでしまう恐れもあります。そのため、入っているものを一旦全部出す際には毎日使うためなどで常に入っている調味料や食材などを使い切ったタイミングや中に入っている食材などが少ないタイミングを狙ってあまり時間をかけずに行うことがポイントですし、できるだけ中に入っている食材などが傷まないようにするためには、夏場などの暑い時期に行うよりも冬場などの寒い時期に行うことが向いています。

「冷蔵庫を簡単に綺麗に保つ方法」のまとめ

冷蔵庫は毎日使う調味料やいろいろな食材が常に入っていることなどで、汚れやすい場所です。しかし、綺麗にしようとして一回の掃除で手間や時間をかけすぎてしまうと、一回だけで疲れてしまって続けて行うことが難しくなってしまうことがありますし、続けられなくなってしまうと綺麗に保つことも難しくなってしまう恐れがあります。そのため、冷蔵庫を簡単に綺麗に保つためにも、中に入ったままで掃除を行うよりは中に入っているものを一旦全部出してなるべく手間や時間をかけないように掃除を行うことがポイントです。そして、より手間や時間などをかけないようにするためには食材などを全部出すタイミングなどを考慮して行うことなども必要です。

家事代行を北区でお願いする理由と冷蔵庫の臭い対策

Posted in 暮らし

冷蔵庫の臭い対策

冷蔵庫は使い続けると嫌な臭いが気になりがちです。食品にも移ってしまうことがありますので、手軽にできる方法で、こまめに脱臭したほうが良いでしょう。ついでに冷蔵庫もきれいにできますので、一石二鳥の方法といえます。

まずは冷蔵庫をきれいに

臭いの主な原因は、内部に残っている食べ物のかすやこぼれた汁などです。この原因を断つために、一度中身をすべて取り出して電源を切ります。そして、外せる部分は水洗いをし、それ以外の部分はエタノールなどを使用して殺菌・消臭を兼ねる拭き掃除をしましょう。エタノールがない場合には、水200mlに対して酢を大さじ2杯混ぜたものを使用すると、エタノールほどではないにせよそれなりの効果が期待できます。拭き掃除を終えた後は、しばらく扉を開けて、換気と乾燥を行います。食品を戻すときにも、保存容器などに汁が付着していないか確認し、きれいにした状態で戻すようにしましょう。汁気の多いものはボックスなどに別に入れておくと掃除が楽です。

さまざまな脱臭剤を使う

掃除できれいになったら、臭いを取り除くために脱臭剤も入れておきます。市販品でももちろんかまいませんが、簡単に自作できますので、手元にないときに挑戦してみましょう。
重曹を使うときには、小さめの瓶に8分目ぐらいまで入れて、ガーゼなどで蓋をします。蓋はなくてもかまいませんが、倒れてこぼれた時の掃除が面倒ですので、空気を通しやすいガーゼで覆っておいた方が良いでしょう。大体一か月ぐらい効果が持続し、使い終わったら掃除に再利用することもできます。
また、手ごろな価格で購入できる炭もおすすめです。適当な容器に詰めて冷蔵庫の中に入れておくだけで、強力な消臭効果が期待できます。手元にないときには、食パンの耳を真っ黒に焦がして炭の代わりにすることもできます。

「冷蔵庫の臭い対策」のまとめ

このように、冷蔵庫の消臭はそれほど難しいものではありません。いったんついた臭いを取るのは換気や乾燥も含めて時間がかかりますが、一度きれいにしておくと、消臭剤やこまめな拭き掃除で臭わない状態をキープすることができます。なかなか自分できちんと掃除をする時間が持てないという人は、プロに一度依頼してみるのもよいでしょう。その後は、原因となる汁や食品を残さない工夫をし、消臭剤を定期的に交換するだけで、快適に冷蔵庫を使えるようになります。自分で作るときには、消臭剤の容器をかわいいボトルにしたり、精油を少し使うことで、より自分らしくナチュラルな消臭材にすることができます。いろいろなアイデアでチャレンジしましょう。

【PR】北区の家事代行ならかじまあるライト

家事代行を豊平区で調べる方法と冷蔵庫クリーニングサービスとは

Posted in 暮らし

冷蔵庫クリーニングサービスとは

冷蔵庫というのは、毎日家電の中でも毎日使うものですが、意外と掃除は中々やらない人が多いようです。ちょっとだけついている汚れを拭き取るくらいのことはするのですが、中の方を見てみたら、長いこと放置してある汚れが溜まっているかもしれませんよ。

冷蔵庫の掃除をプロに頼む選択もありです

汚れはたまるものだし、こまめに掃除をしたほうが絶対に良いとは分かっているけど、掃除をすることを面倒に感じるのも大きな家電ですし、仕方のないことです。ここは、自分で全てをやろうとはしないで、クリーニングサービスを利用する手段を考えてみても良いのではないでしょうか。
プロに掃除をしてもらえれば、普段は手の届かないような細かい場所までキレイに掃除してくれるのでおすすめなんですよ。

自分で掃除するとしたら、どんな掃除になりますか?大掃除をする時ならある程度細かい部分まで掃除をするのかもしれませんが、普段だと簡単に汚れている所をキレイに拭き取る程度ではないでしょうか。
クリーニングサービスを利用すれば、冷蔵庫全体をまるで丸洗いしたかのように豊平区の家事代行ならキレイにしてくれますよ。

実際に、どんな掃除をしてくれるのか?

クリーニングサービスに頼むと、普段は見もしないような細かい部分までしっかりと掃除してくれます。冷蔵庫の中だけじゃなくて、外側や裏側のホコリとりまでしてくれますので、クリーニングをしてもらう前よりも冷却効率も上がっているかもしれません。庫内がすぐに冷えてくれるのなら、電気代もお得ですよね。
また、汚れの拭き取りだけでなく、頑固な汚れは傷つかないようにブラシを使って掃除してくれたり、掃除中に床などが傷つかないように養生をしてから掃除をはじめてくれるなど、自分ではやらないような本格的な掃除をしてくれますよ。また、業者によっては抗菌、消臭効果が長く続くためのコーティングをしてくれる所もあります。

「冷蔵庫クリーニングサービスとは」のまとめ

冷蔵庫じたいを長期間掃除していない人、いると思います。そんな人は、汚れた部分を見るのもイヤになっているのではないでしょうか。見るのも触るのも気持ちが向かない人こと、プロに掃除を依頼してみてはどうでしょうか。
この他にも、ちょっとしたふき取りくらいはするけど、ちゃんとした掃除をするとなると、面倒だと感じている人にも、依頼することを考えてみるのも良いかもしれませんよ。
どの業者にするかによって、受けられるサービスや値段は、少しずつ違いますので、自分の予算や都合にあった業者を選んでキレイな冷蔵庫を保てるようにしておきたいですね。
あまり気にすることはないでしょうけど、食べ物を入れているものですから、そう考えると冷蔵庫の中は、いつでもキレイに保っておきたいものですね。

普段見えないウォシュレットを掃除してすっきりしよう

Posted in 暮らし

普段見えないウォシュレットを掃除してすっきりしよう

ウォシュレットは大変便利なものですが、洗浄ノズルなどの管理をしっかりしないと健康にも影響が出てくる場合があります。簡単なお手入れでも衛生的に使用できるおすすめの方法がありますので参考にしてみてください。

便利だけどウォシュレットには雑菌の心配

ウォシュレットはおしりや女性のデリケートゾーンなどを優しく洗い流し、拭くときに生じる摩擦を最小限に抑えることができる優れものです。
しかし衛生面の管理をしっかりしておかないと雑菌が繁殖しやすく、そのまま使用を続けると健康状態にも影響がでてきてしまう場合があります。
また胃腸炎やウイルス性の下痢などが流行る時期などは、他の人への感染を防ぐ為にも重要になってきます。
衛生的に使用するためにはノズル部分やその周辺の掃除が欠かせませんが、
多忙な現代で手入れは手短なもので手軽に済ませたいと思う人も多いようです。
しかし専用の道具や薬剤などを使用しなくても簡単に衛生管理ができる方法があります。

手短なもので手軽にお手入れ。

用意するのは使い古しの歯ブラシ、消毒用アルコールなどの液体状の消毒液(人体に無害なもの)です。
使い古しの歯ブラシはおしり部分用とビデ(女性用)部分用の2本を用意し分かりやすいように印付けをします。
ノズルの洗浄モードで流した後それぞれの部分を軽く擦り、再度ノズルの洗浄モードで洗い流します。
(このときノズルを引っ張り出すと細かな汚れまで落とすことができます。)
仕上げに液体状の消毒液を吹きかけて終了です。
液が残ることに抵抗がある方は少し時間を置いてからノズルの洗浄モードで流すと安心です。
ノズル掃除直後はウォシュレット周辺に汚れや雑菌が飛び散っている心配もあるので最後に便座や便座裏なども軽くふき取るようにします。

「普段見えないウォシュレットを掃除してすっきりしよう」のまとめ

トイレやウォシュレットは毎日使うものだけに汚れもたまりやすく、共用の部分なので衛生面も心配な場所です。
しかし手軽な掃除でもこまめに実践していれば、病気の感染なども防ぐことができますので重要なことではないでしょうか。
近年ではノロウイルスのような強力なウイルスなどに対応できて、様々な場所で使用できる家庭用の消毒液なども簡単に手に入れることができるので常備しておき、いつでも使えるようにしておくと、いざという時の心強いアイテムになるのでおすすめです。(この場合使い捨てのトイレ専用拭き取りタオルなどもおすすめです。)
小さなお子様や抵抗力の弱いお年寄りなどが同居されている場合は特に注意が必要なので、ノズル掃除は重要になってくるのではないでしょうか。

排水口の臭いが気になる場合の対処法

Posted in 暮らし

排水口の臭いが気になる場合の対処法

排水口は常に湿っており、臭いがこもりやすいので、どんなに気を付けていても悪臭が出やすい個所です。これを改善するためには、専用の器具を使ったり原因を改善するしかありませんが、自分でもいくつかできることがあります。

臭いの原因を元から改善

排水口が臭う原因はいくつかありますが、代表的なものとして流しの排水トラップが機能していないというケースが考えられます。排水トラップとは流しの排水場所にある水をためる装置ですが、これが故障していると排水管の臭いが上がってきます。排水管とシンクの下の継ぎ目を確認し、隙間や悪臭があった時には専門の業者に修理を依頼しましょう。
また、パイプの奥の汚れが悪臭を発生している可能性もあります。パイプは曲がっていますので、手が届く範囲を掃除しただけではまだ臭うという場合身は、排水パイプ専用のブラシを購入して汚れをこすり落としてみるとよいでしょう。ブラシはホームセンターなどで購入することができます。

殺菌・消臭効果のあるもの

トラップの故障ではなく、掃除をしてもまだ臭うような場合には、排水パイプ専用の塩素系漂白剤を使ってみましょう。こちらはホームセンターやドラッグストアなどで売っており、手の届かない箇所にたまっている汚れを溶かして洗い流します。殺菌作用がありますので、悪臭の原因である雑菌も大幅に減少し、効果の高い方法です。漂白剤はパイプの傷みが心配という人、手が荒れやすい人は、お酢と重曹を大体1:2の割合で混ぜて排水溝に流し、しばらく放置してからお湯を流すという方法もあります。こちらも油汚れを浮かせて落とし、殺菌効果もある上刺激が少ないのでお勧めの方法ですが、お酢と重曹を流すときには何回かに分けて流しいれましょう。

「排水口の臭いが気になる場合の対処法」のまとめ

このように、手が届きにくい排水口でも自分で悪臭を改善する対処法はいくつもあります。しかし、これらの方法を試してみても思うような結果が得られなかったという場合には、業者にクリーニングを頼んでみるとよいでしょう。業者が使用している高圧洗浄機やブラシはプロ用のものですので、非常に強力です。一度依頼すると排水口の悪臭だけでなく詰まっている汚れも取り除き、水の通りを良くします。その結果、新しい汚れがたまりにくくなり、臭いが長期的に出にくくなります。普段の生活においても、粘りけのある汚れや油などはシンクに流さず、別に取りおいて捨てたり、こまめに漂白剤を流すようにすると、ひどい悪臭はほとんどでなくなります。

排水口の簡単なお掃除方法

Posted in 暮らし

排水口の簡単なお掃除方法

季節を問わず汚れやすく嫌な臭いを放ちやすい排水口はこまめな簡単お掃除で防ぐことができます。
特別なアイテムや手間・時間をかけずにちょっとした小技で嫌な臭いや落ちにくい汚れに悩まされることがなくなります。

排水口の汚れと臭いの原因

排水口の汚れと臭いの原因はシンクや三角コーナーなどで取りきれなかった小さな生ゴミや水垢・黒かびなどが流れこみ繁殖してしまうことで起きてしまうといわれています。
ステンレスなどの金属にこのような汚れが付着してしまうと中々落ちにくく定着しやすいのでこまめな掃除を行うことが重要になります。
手に入りやすい掃除道具や薬剤などで対応できるやり方をご紹介します。
まず重曹や重曹水、クエン酸、メラミンスポンジ、無害な消毒アルコールを用意します。
専用の洗剤をそれぞれ購入しなくても、組み合わせ方で様々な汚れに対応することができます。
また肌が弱い方や衛生面が気になる方は念の為手袋を着用して行うようにします。

排水口をきれいにする方法

シンクなどのステンレスについた落ちにくい汚れや黒かびにはぬるま湯とメラミンスポンジを使用すると簡単に落とすことができます。
人肌ほどのぬるま湯を事前にシンクにかけておき汚れをふやかします。
(熱湯はシンク下の重要なパーツをいためてしまう為、避けるようにします。ぬるま湯でなくても普通に食器洗いなどをした後でも同じ効果が得られます。)メラミンスポンジで上から下、様子を見ながら擦っていくと綺麗に汚れを落とすことができます。

排水口や口の部分には重曹とクエン酸をあわせたものをふりかけ適量の水を様子を見ながら流します。
数時間放置した後、水を流して終了ですが気になる方は専用のスポンジを作り一度きれいにしてから重曹とクエン酸を流すとさらに綺麗になります。

「排水口の簡単なお掃除方法」のまとめ

排水口の汚れを防ぐ為には汚れを放置しないことが一番です。
こまめに掃除することができない方は、三角コーナーを排除してみる・就寝前にシンクや排水口を軽く洗浄し、消毒用のキッチンアルコールを吹きかけておくなど今現在の状況を見直すだけでも差が出ます。

排水口の汚れは放置しておくと手の届かない奥の部分まで流れてしまい、手入れができない為さらに酷い悪臭を呼んでしまう要因になります。
また管を通ってコバエや害虫などを呼び込んでしまうことにもなる為、大変不衛生になります。
梅雨や夏場は特に不衛生が原因の食中毒などにつながることもある為、軽視できない問題です。
一年中を通して自分に無理のない範囲で続けられる方法をみつけることが大切です。

排水口のぬめり対策

Posted in 暮らし

排水口のぬめり対策

嫌な臭いが発生し、触ればヌルヌルし、できれば触りたくない排水口。しかし掃除せずに放置していると、どんどん汚くなり、ぬめりも発生します。そんな嫌な排水口のぬめりを、簡単になるべく触らないで掃除する落とし方があるのです。

重曹とお酢を使った簡単掃除方法

簡単にぬめり取りができ、かつ経済的な掃除方法が重曹とお酢を使った方法です。まずは重曹を排水口にまんべんなく振りかけます。量が少ないと効果を発揮できないので、できるだけたっぷりとかけるようにしましょう。そして重曹にお酢がかかるように回し入れます。お酢が重曹と反応し泡立ち始めたら5分から30分ほど置いておくと、汚れが浮かびあがります。最後にお湯で流して完了です。ここで発生する泡の正体は炭酸ガスです。このガスは人体に影響はなく安心して使うことができます。
また重曹が大きな役割を果たすので、重曹をお湯で溶かす方法も効果があります。泡立たないので時間がかかりますが、ガスが発生することもありません。

アルミホイルで行うぬめり取り

排水口の掃除にアルミホイルを使うことも有効です。そもそも銀イオンや10円玉が消臭に使われるように、金属には殺菌作用や抗菌作用があります。アルミホイルも水と反応して金属イオンを発生させます。これが排水口の雑菌に対して効果を発揮するのです。アルミホイルは安く手に入れることができ、金属イオンも放出しやすいのでぴったりといえます。
やり方としては、アルミホイル、割りばし、セロハンテープを用意し、割りばしの半分ほどにアルミホイルを巻き付けます。アルミホイルと割りばしをセロハンテープで固定します。排水口の汚れた部分やヌルヌルとした部分に、このアルミホイルでこするように洗います。こうすることで、手も汚すことなく、簡単に綺麗にすることができるのです。

「排水口のぬめり対策」のまとめ

排水口の汚れは、油汚れ、水垢、細菌やカビといった雑菌が原因となっています。この雑菌がヌルヌルとしたものの正体でもあり、調理を行う場所に菌が発生していることは衛生的にもよくありません。掃除のポイントとしては油汚れなどの酸性に対して、アルカリ性のもので中和させることです。そして汚れを落とした後には、雑菌の繁殖を防ぐための対策が重要になります。
雑菌の繁殖を防ぐ方法として、ひとつめにキッチンを使い終わった後にぬるま湯を流す方法があります。こうすることで、油汚れが固まる前に流すことができるのです。そしてアルミホイルや10円玉を排水口に入れておく方法も良いでしょう。簡単な対策を行い雑菌の繁殖を抑え、清潔を保ちましょう。

排水口からドブの臭いがした時の対処方法

Posted in 暮らし

排水口からドブの臭いがした時の対処方法

水回りをしっかり掃除していても排水口からドブのような臭いがした経験は誰にでも起こることです。中でも、キッチンとお風呂場の排水口からは臭いがしやすいため、場所に合わせてしっかりと対処する必要があります。

キッチンの排水口の対処方法

キッチンの排水口は、下から上がってくるガスや臭いを食い止めるためやネズミなどの侵入防止のためにS字になっている部分があります。通常であれば、排水トラップ部分に水が溜まる仕組みになっています。その水が壁の役割を果たしていますが、このトラップに溜まっている水そのものが臭くなることがあります。特に、夏場は温度や湿度が高くなるため、生ごみなどの異物が排水トラップ部分に引っかかって発酵することで臭くなります。そのため、排水トラップ部分に異物が入り込まないようにできるだけ固形物を流さないように気をつける必要があります。
最近では、生ごみネットや髪の毛などを絡めとることができる商品もあるため、それらを活用する方法もあります。

お風呂場の排水口の対処方法

お風呂場の場合は、髪の毛に皮脂がつくことで粘度が増し、排水口の中に大量の皮脂などが溜まってしまい臭くなります。お風呂場は、台所よりも確実に髪の毛が流れていく確率が高いため、排水口用の髪の毛ネットなどを使用して、髪の毛が中まで流れていかないように取り除くことが重要になります。
掃除の方法は、重曹と水とクエン酸、スポンジ、歯ブラシ、ゴミ袋、いらない布を用意します。乾いた状態で、髪の毛や皮脂、石鹸などのゴミを歯ブラシを使ってゴミ袋に入れていきます。ゴミをとったら、スポンジで汚れを取り、いらない布で水分を取ります。重曹をかけたら、クエン酸と水を混ぜたものを流し、30分程度放置します。最後にお湯を流して綺麗になります。

「排水口からドブの臭いがした時の対処方法」のまとめ

水回りの排水口の臭いが気になる場合には、一度徹底的に綺麗にしたほうが早い場合があります。長年放置した汚れは取りにくいですが、綺麗に取り除くことで快適に生活しやすくなります。綺麗にした後の悪臭のない状態を維持するためには、定期的に掃除をしたほうが良いとされています。毎日掃除をした方が綺麗な状態を維持することができますが、最低でも週に1度は掃除をしておくと排水が詰まったりなどのトラブルにまで発展させずに済みます。
ただし、掃除をしても悪臭が消えないなど自分たちだけではどうにもならない場合には、もっと深刻なトラブルになっていることも考えられるため、水回りのクリーニング業者に依頼してみることも一つの方法です。